New Zealandで子育て!   honeyとwholefoodsで     enjoy life !


by honeydelsol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Midwifeの診察 2度目

今日は日本で友達が帝王切開を受けている日。「元気なベイビーちゃんが生まれました!」ニュースを早く聞きたいなぁ。

私はMidwifeに診てもらった。
血圧がちょっと低めらしいけど、問題なし。
babyの元気な心音もまた聞けた。毎回、感動。

ニュージーランドではエコーは普通、2度しか受けないそう。
日本では診察の度に、と言うからえらい違いだなぁ。
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-29 19:21 | enjoy maternity life

やっぱり、すごい人

恩師、NZでの母、私たち夫婦の人生を変えた女性。
ここのところ忙しそうだったけど、『若者たち』をディナーに招いてくれた。
b0095047_1951205.jpg

料理の感動的なおいしさはいつもの事ながら(!)、昨日の彼女はエネルギーに満ち溢れていてステキだった。
ポジティブに考える事が明るい未来を生み出す話や、仏教の利他を思わせるような話。自分中心ではなく地球規模で生きている彼女はやっぱり偉大。少しでも近づけるように努力をしよう。

5時半からお邪魔して、大いに盛り上がって帰宅はなんと午前2時過ぎ。私たちにはめずらしく夜更かし。仕事で早起きしないといけなかった友達のダンナさんや1時間半も離れたところから来たカップルは大変だっただろうなー。
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-27 19:55 | こんな暮らし

Good-bye, Mushrooms

7ヶ月間勤めた仕事を終えて、ほっとしつつもさみしい。
単純ではあったけど仕事もまぁおもしろかったし、何より職場の仲間たちが家族とか親戚のように暖かかった。

最近になって多少のメンバー入れ替わりがあったけど、あいさつもないままにドライに辞めていく人が多かった。でも、私はしっかりお別れがしたくて・・・

そんな女々しい私の事を理解してか、10時のモーニングティーにはオーナーの奥さんがベジタリアンの私のために、と工夫を凝らしてマッシュルーム マフィンやお米とhoneyのお菓子、ジンジャーケーキを焼いてきてちょっとした送別会をしてくれた。

b0095047_1940407.jpgb0095047_19414875.jpg









babyが生まれたら絶対連れて行く事、遊びに行くたびにマッシュルームをくれる事をお互い約束して、ぎゅっとハグをしてお別れしてきた。言葉じゃ伝えきれない「ありがとう」と「またね」を伝えるのにハグって最適。

そして帰り道は案の定、子ども泣き。
『自転車で毎日通ってた事』『出来の悪いスタートだったけど、徐々にできるヤツとして認められていった事』『夜9時近くまで働いた日の事』『いつでもみんなやさしかった事』を思い出して。

あ~あ、マッシュルームが毎日好きなだけ食べられる日々、終了。
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-27 19:45 | こんな暮らし

これが胎動 かな?

妊娠18週目。資料によると「胎動ははじまるけれど、はじめてのママはまだなかなか気づきにくい」、らしい。

ずいぶん前から『あ!胎動?!』って思う事があった。でも『いや、やっぱり私の腸とかガスかなー。』って確信は持てなかった。実際、違ってたと思う。

今日は『お!動いた!』って感じた。お腹に手を当てていたら、ぽこんっと。
-うれしい-
BKさんにも味合わせてあげた。1・2度「ぽこんっ」。

今日のは、胎動、だよね。
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-25 18:11 | enjoy maternity life
今回はすべて家庭菜園で採れたオーガニック野菜、という豪華版。

エクストラバージンオリーブオイル+天然塩、だけなのに「んんー」と一口毎に喜びのため息がもれるほど、おいしい。「私たちの作った野菜なんだなー」「こんなに大きくなってくれて」「ずっと水やりがんばったなー」なんて思いながら食べるから更に感動が大きい。

ほくほく濃厚な甘さのかぼちゃ。
バターと葛でわざわざ作ってあるかのような絶妙な食感のアーティチョーク(見た目はちょっといびつなポテト系、糖尿病の人にいいらしい)。
実は期待していなかったのに食べてみたらさっぱりした甘さの虜になってしまった赤玉ねぎ。
小さいのにすごい主張をしてきたにんじん。
オイル・塩との相性が抜群のポテト。

満腹。感動に浸りすぎて涙まで出てくるほどのおいしさでした。ありがとう。

b0095047_13472986.jpg

[PR]
by honeydelsol | 2006-05-24 13:50 | vegan vegetarian
b0095047_19275537.jpgb0095047_19265244.jpg











ベジタリアン中華料理店Welcomeで食べるbuffet lunch。
前から気になっていたけどはじめて訪れたこのお店、一歩足を踏み入れてびっくり、「せまい!」
そんな小さな小さなレストランにはすでに50人ぐらいの人がぎゅうぎゅう詰めになっていた。もちろんテーブルは無し、不可能。椅子はどう見ても足りなくて椅子取りゲームそのもの。悪く言えば配給のような感じで長蛇の列を組んでお料理を目指す。
ランチにしてはいいお値段のチケットだったので「うわー」なんて思っていたけど、店主のやさしい人柄がオーラのようににじみ出てる笑顔と、数種類のおいしそうなお料理を見た瞬間、心が納得した。そして、食べてみて、「おいしい!」。
そこからの私は一つ一つの料理を分析するのももどかしく、すごい勢いで食べてしまったけど、BKさん(夫)はかなり真剣に食べていて、気に入った物を集中的におかわりしていた。
メニューは簡単に言うと「チャーハン」「春雨チャーハン」「焼きうどん」「豆腐のあんかけ」「野菜の甘酢煮」「揚げ餃子」「春巻き」「大根餅」「サモサ」「大豆で作るペキンダックもどき」「豆腐と青梗菜のスープ」「コーンスープ」
どれも素材の味が生きていて、心がこもっていておいしかった。

みんな料理の確保と、味わうのに必死な前半が終了すると、食後のチョコレートケーキ(持ち込み)を食べながらのおしゃべりに花が咲いた。
私はこのベジタリアンの集まりの運営者のうちの一人の女性と話せたのが何よりの収穫。彼女はベジタリアン ファミリー グループという集まりも作っていて、数ヶ月に1度、料理を持ち寄って子ども達を遊ばせる機会を持っている。
babyがお腹にいる事、生まれたら私も参加したい事を話して、彼女自身の4人のkidsの話、ベジタリアンの妊娠話、なんかの情報を教えてもらえた。これから色んな事が聞けそう。心強い。

BKさんはえらくここの料理が気に入ったようで普段のメニュー表を熱心に見ていて、すでに次回来る時のオーダーを決めている様子。
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-23 19:42 | vegan vegetarian

コテージ記念日

ファームエリアに建つ築100年以上のこのお家、コテージに引っ越してきてちょうど1年が経ちました。

朝1番、記念日という事でこの1年をはじめから思い出してみて・・・泣いてしまいました。
「よくがんばってきたなぁ」なんて自分で思ったりして。

一番はじめは汚くて、ネズミが堂々と居て、生活道具なんて何にもなくて、シャワーはお粗末で、寒くて。日本でぬくぬくと暮らしてきた私たちには全くの別世界でとまどう事ばかりだった。だからケンカも多くて、新婚生活のイメージにはまるで程遠かった。

そのうち、暖炉でどんどん火を焚くために蒔き木拾いをしだして、毎日長靴はいてツナギ着て、芝生だったところから畑を作り始めた。
寒い日も動いてると暖かくなったし、毎日大きなシャベルで肉体労働だからどんどん逞しくなった。暮らしがまずは体に、次に心に馴染んでいった。

それから忘れちゃいけないのが、周りの人の助けがあったこと。いっぱい助けてもらって生活が少しづつ、豊かになった。ありがとう。

夏は最高だった!
苦労して大きく作った畑では食べきれないぐらいゴージャスな野菜たちがたっくさん育ってくれたし、庭の木陰でお茶するのも昼寝するのも木登りするのも楽しかったし、家族が代わる代わる遊びに来て一緒に生活を楽しんでくれたし。

そして、結婚記念日にはbabyを授かった事が分かった。一気にI love you, baby!


引っ越してきた時はこの家で居心地よく過ごせるなんて想像もできなかったなぁ。
でも今じゃホテルのベッドよりも日本の布団よりもここのベッド(奮発したからね)が一番寝心地いいし、水量・水圧、共に乏しいシャワーなのになぜか気持ちよく浴びられるし、暖炉にガンガン入れられるだけの焚き木もある。システムキッチンには程遠いこの台所では食欲にまかせていつも何かしらおもしろおいしい料理を楽しんで作ってる。

すでに魂が宿ってそうなぐらい大きな木々や牧草地越しに見える夕焼け・虹・サザンアルプス、環境CDをかけてるのかと思うほどの鳥のさえずり・おしゃべり。
気が付けば、「いいところに住んでるんだなぁ」。
いつの間にか、このコテージが大好きになっていた。


だけど、もうすぐコテージとはお別れ。新しい土地にお引越しするんです。
住み慣れたコテージとの別れは本当にさみしいけど、この引越しは私たち家族の次のステップ。まぁ、どこでも住めば都になるよねっ。またがんばろー。もうがんばれるって事は分かってる。

新天地はもっと山が近くて、もっと緑の多い環境。ただし、ここよりずいぶん寒い。Never mind(>_<)!
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-19 21:05 | こんな暮らし

おめでたい!うれしい!

5月に入って、友達が2人も出産。
愛しいかわいいベイビーちゃんの誕生!!!

友達の「無事出産!」メールには涙。これまでも友達の赤ちゃん誕生はうれしくて、感動したけれど、自分が妊婦になった今、これまで以上に感じるところがいっぱいあって・・・

先輩ママの「お産は大変だった」というよりも「ベイビーちゃんの誕生がうれしい!」っていう喜びがにじみ出てるメールを読んでると私もただただ出産が楽しみになる。

ああ、早く会いに行きたいなぁ。
私のbabyにとってもお友達、「早く会いたいね」
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-19 20:06 | ベイビーちゃん

太陽とはちみつがあれば

ブログ、はじめる事にしました。
愛用パソコンの調子が悪くてソフトとデータ管理の必要なHP作りに危機感を覚えたのと、ブログなら日本に一時帰国した時でもどこからでも日記が更新できると思ったのがきっかけ。

『太陽とはちみつ』、はこれさえあれば「enjoy life!」できる私の大切なもの。
朝陽が登れば元気になれるし、太陽が照らしてくれてると気分よく居られる、畑の野菜たちも育ってくれる。
はちみつも同じく、私の元気の源。朝のスプーン1杯のはちみつで私の体は動き始める。

ニュージーランド、クライストチャーチで1年過ごして、このシンプルな二つが私にとってなくてはならないものだと改めて気づきました。
[PR]
by honeydelsol | 2006-05-19 19:50 | 太陽とはちみつがあれば、とは