New Zealandで子育て!   honeyとwholefoodsで     enjoy life !


by honeydelsol
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Christmas Lunch

今年のなんと5つものクリスマスパーティーのお誘いは、Mayaが小さくて、大勢の人に会うのや夜遅く帰ってくるのはまだ早いと思って、ずっとお断りしていました。
でもDapaneのお家のクリスマスランチにお呼ばれ、ここは歩いて1分なので、喜んで参加。
日本ではクリスマス・イヴに外食、友人たちでパーティーというのが主流だけど、ここではパーティーはもっと早い時期にあって、クリスマス25日は家族で過ごします。

これまで大勢人の集まるパーティーと、Vanyaが特別に開いてくれたディナーは経験した事がありましたが、本当の『家族のクリスマス』は初めて、大きなツリーやテーブルセット、たくさんのプレゼントに圧倒されました。まさに私たちのお正月の感覚。(日本のおせち料理に比べるとターキー(七面鳥)メインのもっとずいぶんシンプルな料理だけど)
b0095047_6334642.jpg

[PR]
by honeydelsol | 2006-12-29 06:34 | こんな暮らし

2 months old

24日で2ヶ月になったMaya。よく笑って、長いおしゃべりもしてくれるようになって、ますます愛しいし、これからの成長もほんっとに楽しみです。
b0095047_694034.jpg

と思っていたら、ここ3日ほど泣いてぐずっての時間が多くて、私は何もできずに困ってしまったけど、これも成長の通過点の一つ、一時的なものと信じて・・・

昨日はいきなりこれ!
b0095047_6193085.jpg

首の筋肉を発達させるためにtummy time-腹ばいの時間をとるようにと指導されて、毎日エクササイズと称しては腹ばいにしていたんだけど、突然完全に首を上げる事ができるようになりました。もう、びっくり。こんな風にして突然首がすわるようになるものなの?
歓声をあげて喜んでしまいました。
[PR]
by honeydelsol | 2006-12-29 06:33 | Maya 0~3mth

Plunket Nurse, Polaの健診

Midwifeの健診が終ると次はPlunket Nurseが自宅に来てくれます。
体重を量って体調を診て、家や生活スタイルの安全性を確かめ、ママの相談にのってくれたりもします。

1回目は12/4
2回目は12/18:体重は4740g

"Maya、あなたはよくやってるわ。またしっかり体重が増えたわね!!"
"Great work Yoko!"
というコメントを残していってくれました。
去り際にも何度も「よくやれてるわ」「いいママよ」って言ってくれて、ほっとする&うれしい。

色んな資料に、「イライラしたらいったん赤ちゃんから離れてゆったりお茶を飲みましょう」だとか、「誰かに赤ちゃんを預けてリフレッシュしましょう」、とか「色んな人の助けを借りましょう」とか、『ママのストレスフリー』がとっても重要視されているのが分かる。

この『お褒めの言葉』も肩の力を抜くのにとっても効果があると思う。
まあ、私は他の事はサボリ気味に、ゆったりやっていますが。
[PR]
by honeydelsol | 2006-12-19 07:01 | Maya 0~3mth

Christmas Tree

Mayaがお腹の中に居る頃から決めていた『babyの成長と共に大きくなるクリスマスツリー』。クリスマスギリギリになってようやく準備が整いました。
今年はまだ分からないだろうけど、年々大きくなっていくツリーに一緒に飾りつけするのが楽しみです。

Daphneにこの話をしたら、「うちの敷地内にも、以前クリスマスツリーだったものが何本かあるのよ。」って。
そう、そういう感じがいい!
[PR]
by honeydelsol | 2006-12-19 07:01 | こんな暮らし
ここStaveleyは町よりもさらに小さーい、集落と呼ぶのがふさわしいくらいの所ですが、ここの教会で昨夜、クリスマスキャロルがありました。

Daphneに急に誘ってもらったので普段着で出かけたら皆さん軽くオシャレをしていてびっくり。
聖書を見ながら代わる代わるキリスト誕生の話を読んで、聖歌を歌って。
小さな教会に周辺の他の地域からも約70人もの人が集まったので、歌声はなかなかの迫力で、Mayaは気持ちよさそうに眠っていました。で、1時間ほど経って終盤が近づいた頃、眉間にシワ。「うぇーん」と泣き出してしまったので私は汗をかきながら必死にゆすってあやしました。

キャロルが終った後は近くのホールに移動して、お茶とお菓子。ニュージーランドの人はおしゃべりするのが大好きなので、ここでもせまいホールいっぱいに、立ち話でおしゃべりの花を咲かせていました。
・・・そして、「かわいいわねー」「いま生後どのぐらい?」「名前は?」と大勢の人に話しかけてもらいました。
道で会う見知らぬ人もスーパーの店員さんも、カフェに行っても、みんな赤ちゃんをみつけてうれしそうにニコニコと話しかけてくれるんです。
だけど、昨日ほど大勢の人に一度に出会うのははじめて。さすがのMayaも全員には笑顔は向けられませんでした。
それもそのはず、オムツはぐっしょり濡れていて不快極まりない。普段だったらもうお風呂に入れてもらってるはずの時間。

いままであんな思いをさせた事のない両親(わたしたち)は気が気じゃなかったけど、癇癪を起こすことなく、夜も普通に眠れて。どうやらいつの間にか少しずつ強くなっているみたい。「強くなったねー、ぎゅっ」。また愛情が深まってしまいました。


ホールでは私達も近所・近郊の人々に自己紹介ができました。
今まで家に閉じこもりがちだったけど、これからMayaを連れてどんどんご近所づきあいをはじめていきたいと思います。
[PR]
by honeydelsol | 2006-12-18 15:59 | こんな暮らし

7 weeks

生後間もない頃の写真を見るとずいぶん大きくなったんだなぁと驚きます。
手足が長くて大きいのには気づいていたけど、6週間健診で「足が細長っ」とNZのbabyを見慣れているはずのドクターにも驚かれるほど。
b0095047_671312.jpg

0~3ヶ月までのお洋服がすでにギリギリになってきたし、調整可能で長くはけるはずの靴下が1度も履くことなくもう履けなくなっていました。
写真右は、結婚したてのまだまだ全くbabyの予定がない頃にみつばちさんの物だったので「いつの日かのために」と買っておいた靴下。これもギリギリで1週間後には小さくなっちゃうだろうと思われます。

顔つきもずいぶん変わってきました。
日によって、時間によって、瞬間によって色んな顔・色んな表情を見せるので「一体どんなお顔をしてるの、Mayaちゃん」と、まだ実態がつかめませんが、ずっとBKさんとBKさんのお父さんにそっくりだったのが、少しずつ私にも似てきたようです。12/8の写真は間違いなくBKさん似。12/12の下がり目がちなのは私かな。
b0095047_682344.jpg

そして、まつげがおもしろいぐらいどんどん長くなりました。目じりの方が長くてピョンとハネていてかわいい☆

最近のMayaさん:
声を掛けなくても目が合うとにこーっとMayaスマイルをしてくれるようになった。
手をちゅぱちゅぱ舐めて、1人でも居られるようになった。(時々だけど)
女の子っぽいかわいい声で泣くようになった。
すぐに寝ちゃって時間がかかっていたおっぱいも、グイグイ短い時間で飲めるようになった。
ゲップが簡単に出せるようになった。
1日2回の大量ウンチが定着してきて、それが出てない夜はなんだかソワソワ。ブリっと出しちゃった後はすっきり感いっぱいのとびっきりの笑顔。
おしゃべりの量が増えてきて、高い声も時々出すようになった。
夜寝ている時もバタバタと手足を振り回してウンウン低い声でうなるようになった。※こういう時は深く眠れていないので気になる。もうちょっと大きくなったらなくなるのかなぁ。
[PR]
by honeydelsol | 2006-12-17 06:08 | Maya 0~3mth
ついに、ようやく、家族3人の暮らしがはじまりました。
昼間はMayaと二人きり。家事におむつ洗いにおっぱいに抱っこに、となかなか忙しいけど、思っていたより順調に過ごせています。
ただし、パソコンを触る時間はまったくなくなりました。
今朝は特別。眠り姫になってるMayaに感謝。

10/30~11/16まで私の母が、11/17~12/5までBKさんのお母さんが来てくれていました。とっても感謝。

母が来てくれたのは退院直後のすごいタイミング。
今思えば身体的にも精神的にもいちばんキツイ時。出産前は「やろうと思えば1人でもできるだろう」と思ってたけど、とんでもなかった。母の助けなくしてあの時期をうまく乗り越えられたかどうか・・・。イライラしてあたったりしたことも。ごめんなさい。
今になって、あの時言った「ありがとう」以上の感謝の気持ちでいっぱいです。
「お母さん、本当にありがとう」

お義母さんが来てくれた時は本当に、がんばれば色々とできるぐらいになっていたけれど、ここぞとばかりに甘えてしまいました。思う存分眠って、食べたいだけ食べて、Mayaが泣けば「はい、おばあちゃん」と抱いてもらって。甘えまくってしまってごめんなさい。
Mayaのお洋服を作ってもらったり、のんびりお茶したり、『私の子育て』がいよいよ始まる前のゆったりした貴重な時間を過ごすことができました。この20日間がなかったら、こんなにしっかりMayaの事、観察できていなかったと思います。
「おかあさん、本当にありがとうございました。次に会う日までに写真を見せて『おばあちゃんだよ』としっかり教え込んでおきます。」
b0095047_4241986.jpg

12/5,7のMaya
「お話して、いっぱい笑うようになりました」
「この角度が美しい」
「ホームドクターの6週間健診を終えて」
[PR]
by honeydelsol | 2006-12-08 04:24 | Maya 0~3mth